蘭 寿 とむ ブログ。 蘭寿とむの夫の勤務先は三菱商事で再婚の噂は本当?画像と年齢も調査!

蘭寿とむ 演劇・ダンスブログ・テーマ

1月21日にから発売の宝塚OGがリリースするカバーアルバム『麗人 REIJIN』に参加。 今は、蘭寿さんの元で蘭寿さんの男役芸を吸収して、更に魅力的な男役になるのが 楽しみです。 蘭寿さんは、退団後すぐに結婚されなかっただけでも、ファンの気持ちには答えてくれたと思います。 雰囲気あるなー。 6時半からディナーを食べてワインやビールもそこそこ飲んでいい感じになった所でショーが始まった。

>

蘭寿とむ 主演『愛と革命の詩/airloyal.com!』4回目/花組公演 宝塚大劇場

退団発表があってから、全力で応援して、必ず最後まで笑顔でお送りしようと決めていました。 黒い天使役の表情もさらに分かりやすく感情がストレートに伝わってきた。 』 宙組時代 [ ]• 2006年11月 - 2007年2月、『/ザ・クラシック』• デザートは生のバラの花が飾られた、苺や木いちごの入った物でした。 その後全国ツアー、大阪、盛岡、札幌、仙台にて上演) 同年9月28日、一般男性 との結婚を自身の公式サイトとブログで発表 2016年10月、東京国際フォーラムにて『オリンピックコンサート2016』にゲスト出演 2017年1月には博多座にて『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』に出演 宝塚歌劇団時代の主な舞台 [ ] 花組時代 [ ]• 初婚だろうが再婚だろうがお二人が幸せならあまり関係ないと思いますが、こういうのが知りたい人もいるんですね。 1999年1 - 5月、『』新人公演:(本役:伊織直加)• 3年後の2014年に宝塚を退団後の 現在は舞台やテレビドラマなどに出演。

>

「蘭寿」 ブログ検索 皆声

』 花組トップ時代 [ ]• バウ人情噺「くらわんか」(2005年)• その三人の娘、千波淳、千波静、千波薫の三姉妹が宝塚に所属したのですがその一人、千波静は松岡修造の母。 仕事もプライベートも充実されていて、何よりだと思います。 そんな彼女の待ちに待ったお披露目公演がこれなんて、 当時のファンの気持ちを思うと何も言えませんし、 この ズレたセンスこそが、ファンの神経を逆撫でた 当時の劇団の根本姿勢なのでしょう。 12曲目「My BODY」 13曲目「So Amazing」 14曲目「僕は音楽」 15曲目「At This Moment」 アンコール「Rising」 宙組の蘭寿とむさんとして観るのは今日で最後でした。 3番手スターとなる。

>

「蘭寿」 ブログ検索 皆声

2018年の現在は宝塚を退団されて4年の月日がたちました。 2倍であり、その中で入学から卒業まで一度も首席の座を渡さなかったことで知られる。 2月の公演『』と、同年8月に続演された『』では、ゲームキャラクター・を元にした主人公、熱血・フェニックス・ライト役を演じた。 一般人ということで、旦那さんの名前は不明とのこと。 2009年4 - 7月、『薔薇に降る雨/』ヴィクトール・オーランジュ• '-'は先代次代関係あり。

>

「蘭寿とむ」 ブログ検索 皆声

芝居、ショー2作品とも前回に観劇した時よりもずっと熟れて素晴らしい進化を 感じました。 エリックを演じた蘭寿とむはじめ、 与えられた役を一生懸命こなし、自分のモノにしようとしていました。 2002年8月、バウホール公演『月の燈影』次郎吉 *バウホール初主演• アンドレアの裁判の場面。 もっともっと応援していらっしゃる方ばかりですし、私は本当に新しい一ファンでしたが、 蘭寿とむ様のために自分なりにやりきった、最後まで見守れた、という満たされた幸せは一生忘れません。 入学式ではばっちりリーゼントで決めていたところから男役を目指しているそうです。

>

北川景子が宝塚を好きになったきっかけとは?ヅカファンも認める蘭寿とむ愛

毎回、景子さんのブログでの感想 を読んで心打たれております。 1曲目「MUGEN」 このショーのためのオリジナル曲。 また、2014年1月には、同番組のコーナー「スマ進ハイスクール」に凰稀かなめ、柚希礼音と共に講師として出演した。 2011年6 - 9月、『』ファントム(エリック)• 夫との結婚までの馴れ初め 蘭寿さんと旦那様は2016年頃、 友人の紹介を通じで交際がスタートします。 ま、そんな妄想は置いといて……… 明日海りおさん・・・ 本当に華があって出てくるだけで見惚れてしまう。 14『THE LOVE BUGS』(赤坂ACTシアター)• 2003年10 - 11月、全国ツアー『琥珀色の雨にぬれて/Cocktail』ルイ• そして改めて、育ててくれた両親に感謝です。

>

元宝塚男役の蘭寿とむが結婚(入籍)!本名と年齢は?妊娠も気になる!

蘭乃さんの立ち姿の華やかさ、上品さは宝塚の娘役トップとして貴重な存在。 2000年4 - 8月、『』 新人公演:刻の霊(本役:)• 相手役はより引き続いて。 そして旦那さんも、おそらく海外赴任をするなどバリバリ仕事をこなす人でしょう。 お兄さんである蘭寿とむさんの旦那さんに似ているのでしょうか? 旦那さんも蘭寿とむさんと同様に高身長の方かもしれないですね 美男美女のカップルの予感! ちなみに旦那さんの妹さんの田中里依さんは宝塚の76期生で1990年に入団し、1996年11月に退団しました。 7曲目「ベサメムーチョ」 客席を練り歩きながらの歌唱。 トップになるのも遅かったし、劇団の扱いが悪かったという人もいますが、宝塚の顔、花組トップとして100周年に残すため、 その後の明日海さん、望海さんの活躍も蘭寿花組あってこそと信じています。

>