日産 ルークス ハイウェイ スター。 【日産 デイズ・デイズルークス ハイウェイスター】Gターボ・Xの違いや中古車価格

ルークス(日産)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

ご了承くださいませ。 一番軽いグレードが「ハイウェイスターX」で、一番重いグレードがの「ハイウェイスターG 」です。 この車両の2012年6月発売モデルのグレードについては、「E」「X」「ハイウェイスター」「ハイウェイスターターボ」などがラインナップされている他、特別仕様車として「ハイウェイスター アーバンセレクション」「ハイウェイスター アイドリングストップ アーバンセレクション」などが設定されています。 S、XグレードはNAエンジン車のみの設定となる WLTCモード燃費は、ノーマルエンジンが20. バラエティ豊かなボディーカラー デイズ ハイウェイスター(全10色) ボディカラー「プレミアムサンシャインオレンジ」 ボディカラー「オーシャンブルー」 ボディカラー「スパークリングレッド」 ・アッシュブラウン ・スパークリングレッド ・プレミアムオリーブ ・プレミアムサンシャインオレンジ ・オーシャンブルー ・プレミアムパープル ・チタニウムグレー ・ブラック ・スターリングシルバー ・ホワイトパール デイズのボディカラーは全10色から選べますが、一番人気のカラーは「ブラック」で、次いで21,600円(税込み)高くなりますが「ホワイトパール」がランクインしています。 車種の特徴 2009年にリリースされた日産の「ルークス」は、スズキのOEM供給を受けて開発された軽ハイトワゴンです。

>

日産・ルークス

資料によると「後席の室内高は1400mmと、小さなお子さまであれば、立ったまま着替えることも可能です」とのこと。 *6 ガラスの壁面(ガラスドアやショーウインドウなど)や網目状のフェンスなど、レーザーが反射しない場合は作動しません。 メーターのところにエコな運転が出来てるかのマークがついてるので、あまり踏み込んでしまうとエコじゃないマークになり、気持ち的に踏み込むのもためらいます。 ルークス ハイウェイスター価格表 2020年12月05日 グレード エ ン ジ ン ミッション 駆 動 定 員 メーカー 希望価格 車輌のみ ナビ無 当店価格 諸税金込 支払総額 ハイウェイスターX 660 CVT 2WD 4人 1,734,700 1,604,700 1,712,559 ハイウェイスターX プロパイロット 1,843,600 1,713,600 1,821,459 ハイウェイスターGターボ プロパイロット 1,932,700 1,802,700 1,930,659 ハイウェイスターX 4WD 1,868,900 1,738,900 1,866,259 ハイウェイスターX プロ パイロット 1,977,800 1,847,800 1,976,059 ハイウェイスターGターボ プロパイロット 2,066,900 1,936,900 2,065,959 Copyright C YAGI GLOBAL JAPAN Co. フルフラットシート• アダプティブクルーズコントロール• カセット 動画プレイヤー• タント・Nボックス・デイズルークスで悩みましたが、タントもNボックスもよく見かけるので、比較的少ないデイズルークスの購入を決めました。 USB入力端子• ただし、カラーコードはデイズルークスのからに変更• スーパーハイトワゴンは車重が重いので、燃費が悪くなってしまいます。

>

日産・ハイウェイスター

ライダー(ハイウェイスターXベース):+186,840円 「デイズルークス」「デイズハイウェイスター」「デイズルークスライダー」の中に、2~3つ程度のグレードと自然吸気エンジンとターボエンジンがラインアップされているのですから、複雑になるのも当然ですね。 (パレットの向けOEM車両)• なので、高速を乗るときには向いていないのかなと思います。 実際に走ってみると、信号の多い市街地では約11. フロントドア、フロントクオーターは加えて断熱機能付。 座り心地も何も問題なくいいです。 デイズルークスのベストグレードランキング デイズルークスの個人的なおすすめグレードをランキング形式で紹介します。 外気温度計(メーター内ディスプレイ)•。 37m 4WS - 車両重量 930kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 4名 車両総重量 1150kg ミッション位置 インパネ 最低地上高 0. 一番は見た目、あとはエアコンがタッチパネルなことと、後部座席に風を送れること、燃費が良いこと、価格で決めました。

>

日産 ルークス 660 ハイウェイスター(価格:69.3万円, 大分県, 物件番号:19469162)|中古車の情報・価格【MOTA】

また内装も、エアコン部分がタッチパネルになっていて、見た目もすっきりシャープなイメージが気に入りました。 日産からリリースされるスーパーハイトワゴンの軽自動車。 後部座席を使用している状態でのトランクは、背の高さだけはあるものの普通の軽自動車と変わらず狭いです。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-ML21S 658cc 5 CVT FF 4名 21. ターボエンジンは動力性能が大幅に高くなる。 4 法定整備 法定整備付 保証 保証付 保証期間:1年 保証距離: 無制限 ワイド保証 保証期間:1年(走行距離無制限) 年式 2013 H25 走行距離 3. SDナビ TV• ことに気になるのが後席に座った場合で、いい気になってシートを下げて足を伸ばしていると、後輪からの突き上げが直接的にお尻に伝わって不快な思いをする。 14インチアルミホイール エアロパーツに加えて装備面でも標準装備が増えるのがハイウェイスター「X」です。

>

新車価格

スライドドアにオートスライド機能は必須だと思います。 【インテリ… 車両本体価格 146万円 10万円 5万円 千葉県 2011年2月 購入• ABS• LEDヘッドランプ• 「ナノイー」搭載リヤシーリングファン• 競合車種はタント・ムーヴ・ワゴンRといったモデルが挙げられる。 インテリアは、ブラウンとアイボリーのコントラストのある2色を配色し、シート地、インストパネルにレザー調素材を採用。 特にリモコンオートスライドドアが「S」にはオプションでも装着することができません。 シートヒーター• ヒルスタートアシスト• ホンダ N-BOX。 運転席に座ると、ダッシュボードの低さもあって、パッと開けた前方視界が印象的だ。

>

ルークス ハイウェイスター(日産)の中古車

ターボチャージャー• 見晴らしがよくて運転がしやすい。 シートを一番後ろまでスライドさせると男の人でも足元の広さも余裕があり、軽自動車に男の人が乗ると狭い印象がありますが、主人も広いと喜んでいます。 アルミホイール• 後席の室内高は1,400mmと、子供が立ったまま着替えることも可能に。 デイズルークスは、まず、どのスタイリングデザインを選ぶかから始まるのかもしれません。 最小回転半径が4. 従来からトルク値を最大15%高めるとともに、ステップATのような変速制御を行なう新開発のCVTを組み合わせることで力強い走りが実現されています。 高性能&高機能のクルーズコントロールたる「プロパイロット」をはじめ、衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱防止といった各種運転アシスト、自車をあたかも俯瞰(ふかん)で見ているかのように液晶画面に表示するアラウンドビューモニター、そして専門のオペレーターとつながるSOSコールなどを標準で備える。

>

デイズルークス/ハイウェイスターのグレード別価格と装備の違いを比較

助手席下にも収納できます。 基本スペック ボディタイプ ハッチバック 色 ブラウン, ベージュ 車台末尾番号 430 排気量 660cc 最大出力 40 kW 54 PS エンジン種別 ガソリン 駆動方式 2WD ハンドル 右ハンドル ミッション インパネ CVT 乗車定員 4人 ドア枚数 5枚 最小回転半径 4. 具体的な使用シーンを想定し、便利で快適な使い勝手の良いクルマに仕上げた。 エンジンは660cc直列3気筒(K6A型)で、ターボユニットも用意し、ミッションはCVT(無段変速機)との組み合わせ。 ただし、ハイウェイスターなら装備もかなり充実しています。 *2 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。 日産からリリースされる軽ハイトワゴン「ROOX(ルークス)」。 オートライト• ルークスは2台先の車両を検知できて、N-BOXは歩行者、自動車、自転車にも対応した。

>

日産:デイズ ルークス [ DAYZ ROOX ] 軽自動車 | グレード | グレード別 主な装備

なお、「パレット」の一部グレードでオプション設定されているバックモニター付CDプレイヤーは「ルークス」では設定が無い。 ただし、カラーコードはデイズルークスのからに変更• 新世代のロングストロークエンジンを搭載• また、オークションで 格安なタイヤを見つけたけど、「タイヤサイズが少し違う」というような場合も、実際に少しの タイヤサイズの違いなら問題ない場合もありますが、数値的に少しでも、実際には、使用できないタイヤサイズも あります。 当サイトでは、個々のタイヤサイズのご相談には、応じておりません。 HID(キセノンライト)• アイドリングストップシステムの採用により、JC08モード燃費22. このモデルには、乗降グリップとチャイルドシート用アンカーが標準装備されています。 設計の新しさを実感できる。 スライドドアの開口部の幅が650mmと大きく取られたのも、思いのほかかさばるチャイルドシートの出し入れを考慮したものだろう。

>