ギョロ 目 ちゃん。 ギョロちゃんの効果 : デジタルでいこう

ギョロちゃんの相性 : デジタルでいこう

372• でも、今回発表された5Dマーク2見たいな常用でISO6400まで使えるような高感度特性のよいカメラになるとそこらあたりもなんとかなるかもしれませんね。 100• で、結果はこの4本ともそこそこの解像感はあって、どれもベースのレンズとしては悪くないと思いますが、一番よかったのがDA18-55mmF3. 課題は、どうしてSDが遅くなりがちなので、動くものは、難しそうですね。 上の100ミリの写真と比べると、解像感がラフ感じもありますが、大きさもまぁまぁです。 8 Limited、ニコンがAF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3. ただ、水中に持ち込むには、GX100の場合、ちょっと問題があります。 108• で、被写界深度を稼ごうとフィッシュアイを使うと、今度は、倍率が足らず、何となくちっさくしか写らないので、それもなんだかなぁなのです。 648• 150• 103• で、誰が始めたのかは知りませんが、最初はGX-8のようなハイエンドのコンデジにくっつけて撮ってみると、意外に近接して大きく、そこそこの被写界深度で「虫の目」写真のような写真が撮れることがわかり、それなら、一眼につけてもいいんじゃないということで、虫を撮っているいろいろな人が一昨年あたりから、使い始めたのです。 8 Limitedが一番素直でした) 写真は、ペンタックスがDA18-55mmF3. GX100よりは寄れないので、やや離れていますが、こんな感じです。

>

ギョロちゃんの効果 その2 : デジタルでいこう

一眼につけるとこんな感じにです。 で、先ほどのバッタを撮るとこんな感じになります 「虫の目」写真と呼ぶには、やや、被写界深度が足らないような気がしますが、それなりに雰囲気があります。 離れれば、離れるほど周辺の流れはひどくなるので、離れてもレンズ面より20センチぐらい、一番いいところはレンズ面より2〜5センチあたりと、ストライクゾーンはすごく狭いですが、なかなか離れがたい魅力があります。 解像感が若干無くなるのは、レンズがレンズということもありますが、遅いSDと小絞り故の回折現象のせいもあると思います。 559• そして、何よりお財布にやさしいです。 アーカイブ• 8の4本です。

>

うさギョロ! ヤング

でも、きっちり作ろうと思えば、なかなか大変なのと、操作はなかなか難しく、暗く上下反転した画像をファインダーを覗きながら撮るのは、天気のよい日の陸上ならまだしも、そんなに明るくない水中では、とても使える代物とはいえないものだったのです。 ストロボもオートで使えます。 オオウミウマさんまでは、約3ミリほどなのですが、奥のカニさんや雨戸の網目や背景の小学校もけっこうピントがきています。 が、デジタルカメラの時代になって、その試行錯誤が、フィルムの時代には考えられないほど、スピーディにできるようになって、アマチュアも手が出しやすくなったワケです。 497• これも、前玉が小さいが故に相対的にお魚が大きく写るので、ちょっと普通のワイドとは雰囲気が違います。 やや、コントラストがつきすぎて、トイカメラみたいな発色になりますが、解像感は一番よかったです。

>

コンデジとギョロちゃん02 : デジタルでいこう

(被写体がある程度大きければ、なんとかはなるのですが)虫を撮っているカメラマンもやっぱりそんなジレンマを抱えていたのだと思いますが、数年前、栗林さんという写真家が、前玉の小さなCCD監視カメラ用レンズを使い、小さな虫を大きく、そして、深い被写界深度で撮影した「虫の目」写真を見た時は、かなりなインパクトを受けたものです。 実は、電源を入れて、ギューンとレンズがせり出していったん止まります。 152• 以来、それ以上深入りすることは、なかったのです。 ポートまで作ってしまって、今更、魚露目の相性などといっても、後の祭りではありますが、手持ちのレンズでいろいろと試しています。 で、昨日はペケといったGX100でためしてみました。 今回は、とりあえずF10で撮ってみました。 6AL IIが一番よかったというめでたしめでたしという結果になりました。

>

コンデジとギョロちゃん02 : デジタルでいこう

(発色は、DA40mmF2. December 2020 New Entries• さすが、15ミリでF10は被写界深度が深いです。 738• 294• (水中のテストはなかなか難しいですもんね。 8 LimitedとAF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3. ダイビングが終わってから、ふと横を見ると、ショウリョウバッタが交尾中でした。 運良く、このレンズの先につけるドームポートを見つけることが出来たので、この夏、水中デビューとなりました。 6まで絞れます。 ちなみにマクロのクマノミのタマゴは・・・、こんな感じ これはこれで、好きなんですけどね。 52 Categories• 試したのは、ペンタックスがDA18-55mmF3. ちなみにP5100で同じようにとったらこうなりました。

>

ギョロちゃんの効果 : デジタルでいこう

昨日の、P5100が被写界深度が意外に浅かったので、スペックを調べてみたら、望遠側が26. 6AL II、その次がZUIKO DIGITAL25mm F2. 111• 魚露目とレンズはあんまり離れない方がいいのですが、ポートの位置の関係でそういうわけにもいかなくなるという難しい問題が待っているのです。 とりあえず、ギョロちゃんで何を撮ろうか、考えたときに、真っ先に思ったのは、タマゴを世話するクマノミさんでした。 。 そこからズームして望遠端にするとレンズの先端の位置が最初に止まった所から約8ミリほど後ろに下がってしまいます。 18 Facebook. 188• 原理としては、前玉の小さなCCD監視カメラ用レンズの空中像を、5〜6倍に拡大して撮影するということなのですが、きっちりとしたピントや十分な被写界深度を得るには、相当な試行錯誤が必要なので、誰でも簡単にと言うわけにはいきません。 113• GX100の望遠側は15. 9だったんですね。

>