エイベックス コロナ。 アフターコロナの最善手!? エイベックス「本社ビル売却」でも楽観視されるワケ(2020年11月12日)|BIGLOBEニュース

エイベックスが所属アーティストのライヴ映像コンテンツを無料公開へ エンタテインメントで日々の楽しみに貢献 ~ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止施策を受けて ~|エイベックス株式会社のプレスリリース

また荘口から、アーティストが活動を続けられるための、ファンが配信に投げ銭ができたりグッズを購入したりできるシステムについて提案が出ると、松浦氏は「蔓延して家から出られなくなったときのために、そういうアプリも考えてます」と話した。 今年8月には、アパレル大手の三陽商会が東京・銀座の商業ビル「ギンザ・タイムレス・エイト」の売却を発表。 人件費や設備投資、研究開発投資の抑制によって固定費を中心にコストダウンし、なんとか損益計算書(PL)を見栄えの良い体裁に整えようとする動きは加速することだろう。 同社の第3四半期、第4四半期の業績がどのように推移していくか、注目したい。 どういうことか。 エイベックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO:松浦勝人)は、国内最大級のYouTube公式チャンネル「エイベックス・チャンネル」で、当社グループのエイベックス・マネジメント株式会社(以下:AMG)所属アーティストのライヴ映像コンテンツを、2020年3月5日(木)~3月31日(火)の期間限定で無料公開します。

>

iFLYER: エイベックスが新型コロナウイルスの感染拡大防止施策を受けTRF、浜崎あゆみ、倖田來未、AAAら所属アーティストのライヴ映像を期間限定で無料公開

株価も厳しい状況、決算発表翌日に急落 エイベックスの株価は、新型コロナウイルスの感染拡大以降低調だ。 従業員は「人財」だが、背に腹はかえられない状況 新型コロナウイルスの影響による経営破綻が相次いでいる中、早期退職者を募集する企業は中長期的な人件費削減によって、何とかこの危機を乗り切ろうとしている。 コロナを止めるのはもう不可能。 海外投資家も日本の不動産に照準 通常、景気後退局面では不動産市況が落ち込むため、売却価格も相場より割安になりがちだ。 現在、同社には浜崎あゆみ、『AAA』、『Snow Man』、杉良太郎、小室哲哉、伍代夏子、倖田來未など、人気アーティストが所属しているが…。

>

アフターコロナの最善手!? エイベックス「本社ビル売却」でも楽観視されるワケ(2020年11月12日)|BIGLOBEニュース

コロナ禍で進む不動産売却 コロナ禍の影響による業績不振を理由に、保有不動産を放出する企業がここにきて増えている。 作成には、東海東京調査センターの杉浦誠司シニアアナリストの協力を得た。 0%減)• エイベックスはコロナ禍で主力のライブ事業やグッズ・音楽CD販売が低迷し、2020年4~9月決算では32億円の純損失を計上した。 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業と浮上する企業をあぶり出した。 従業員や所属タレントを守るためにも公表はいいことだと思う。 複数の関係者によれば、外資系ファンドを含む複数社を対象に入札を実施し、カナダの不動産ファンドのベントール・グリーンオークが優先交渉権を得たもようだ。 虎の子である本社ビルの売却は、業績不振を受けて金融機関が主導したと見られる。

>

「会社が何個かつぶれますよ」エイベックス・松浦勝人氏、新型コロナのエンタメ業界への影響に危惧

今回、感染者と濃厚接触の可能性のある従業員に対しても自宅待機を指示したと発表されたが、音楽業界全体に暗雲が立ち込めている。 今年8月には、アパレル大手の三陽商会が東京・銀座の商業ビル「ギンザ・タイムレス・エイト」の売却を発表。 全業種でデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速していることからも分かるように、既存ビジネスの激変はビジネスマンの誰もが感じていることであろう。 その状況で高収益を確保するには、今の内からリストラを断行するのがコロナ禍のなかでの最善手でしょう。 一応次なる稼ぎ頭にするべく、男性ダンスボーカルグループのDa-iCEをいろんなメディアでプッシュしているんですが、来年1月から予定されているアリーナツアーも50%の観客で開催することになってしまい、これまた厳しい状況。

>

「会社が何個かつぶれますよ」エイベックス・松浦勝人氏、新型コロナのエンタメ業界への影響に危惧

かつてCDでミリオンセラーを連発していた頃は『音楽パッケージ』の売り上げが大きかったものの、現在では『ライブ事業』が最大の売り上げを誇っており、昨年度の第二四半期決算では164億円の売上高を計上。 その姿が大きく変容することとなりかもしれない。 物件売却に向けた動きを受け、昨年までは土地や建物の価格高騰に難儀していた不動産業界も、出物の少ない好立地の物件が期待できると投資の機会を積極的に模索し始めた。 売却後もNECはヒューリックから賃借する形で、引き続き事業場を利用する。 音楽事業……184億円(前年同期比58. 売却先はジャスダック上場の不動産会社レーサムだった。

>

エイベックス「虎の子」南青山の本社ビル売却へ

そんな方々に、アーティストのライヴ映像で、少しでも励みになったり、元気になってもらえたらと思います。 坪単価で1500万円前後を目線に交渉が進んでいるという見方もある中、成約価格の行く末は国内の不動産市況を占う試金石となりそうだ。 このことを一番重く受け止めなければいけないのは政府だよ。 危機的状況とはいえ、それまで貢献してくれた従業員に去ってもらうのは、企業としても苦渋の決断だろう。 企業の経済活動が最も制限された期間であることから、シビアな業績が続出している。

>