ファンド クリエーション 株価。 株式会社ファンドクリエーショングループ【3266】 株価/ニュース|株式/国内ETF[モーニングスター]

ファンドクリエーショングループ (3266)

・ 信用残時系列データは、信用銘柄でない場合、表示されません。 前日比34円安の2454円。 直近3ヵ月の実績である6-8月期 3Q の連結経常損益は7600万円の赤字 前年同期は3900万円の赤字 に赤字幅が拡大し、売上営業損益率は前年同期の-9. 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 結果、現在、この銘柄の株価は相対比較の観点で割安と判断されます。 ・ 時系列データは東京証券取引所 ・ 大阪取引所 ・ 名古屋証券取引所 ・ 野村総合研究所 ・ モーニングスター ・ リフィニティブ・ジャパンからの提供を受けています。 これからも、着実に、スピーディーに、そしてグローバルに、魅力ある金融商品の開発・運用に積極的に取り組んでまいります。

>

株式会社ファンドクリエーショングループ【3266】 株価/ニュース|株式/国内ETF[モーニングスター]

今、日本には1500兆円を超える個人金融資産があると言われています。 但し、この銘柄の株価が「96. ファンドクリエーショングループのみんかぶ目標株価は「111円」で【買い】と評価されています。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 ・ 年初来高値・安値は、1月1日から3月31日までは昨年来高値・安値(前年1月1日からの最高値・最安値)を表示しています。

>

ファンドクリエーショングループ(ファンクリG)【3266】株の基本情報|株探(かぶたん)

以上の結果、連結売上高は前回予想比で1,600百万円下回る見込みとなりました。 資金を提供したい投資家と、新しいアセットや事業機会といった投資対象を、ファンドを経由して結びつけることが私たちの役割であり、このファンドという器を使って、世の中における資金の流れを良くし、わが国経済の活性化に寄与することが当社の使命であると考えています。 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. 前回予想時は、2020年11月期の配当予想は未定としておりましたが、業績動向や今後の財務状況などを勘案した結果、1株当たり期末配当金を1円実施する方針といたしました。 ここに謹んでご挨拶申し上げるとともに、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。 結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。 また、経常利益につきましては、営業利益減少に加えて支払金利等が前回予想と比較して増加したことにより前回予想に対して175百万円下回り、親会社株主に帰属する当期純利益は前回予想に対して145百万円下回る見込みとなりました。

>

<個別株動向>東京綱、ロゼッタ、ラクーンHD、エーアイ、ファンドクリ=27日前場//モーニングスター

会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した9-11月期 4Q の連結経常利益は前年同期比17. 現在は【割安】 理論株価 96円 と判断されており、結論に至った経緯と要因を、過去比較、相対比較、業績推移の視点から説明しています。 当社は、株主の皆様に対する利益還元を重要な経営課題と認識しております。 Yahoo! 【結論】ファンドクリエーショングループの株価診断結果 この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 このように、この銘柄は現在の株価水準において割安と判断されますが、この結果は必ずしも今後の株価の上昇を示唆するものではありません。

>

ファンドクリエーショングループ(ファンクリG)【3266】株の基本情報|株探(かぶたん)

売上高の減少止まらず、3Q累計は17%の大幅減…• 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 不動産市場におきましては、現在まで大きな価格変動は見られないものの、先行き不透明感による不動産投資家の様子見姿勢の高まり、金融機関による不動産融資への厳格化や融資審査の長期化、感染症拡大による取引先である不動産仲介会社の営業自粛など、不動産の取引活動については制約を受けており、同感染症が大きく影響いたしました。 これは、日本において、まだまだ魅力的なファンドが少なく、米国ほど、ファンドが投資家の支持を受けるに至っていないのが原因ではないでしょうか。 当期においては、米国カリフォルニア州の物件の販売を完了した一方で、ワシントン州でも販売用物件の取得しマーケティング活動を行いました。 投資判断においては、株主還元関連事項を中心に、企業や外部環境の動向に注視してください。 前日比100円ストップ高の702円カイ気配。

>

ファンドクリエーショングループ[3266]2ch掲示板 株価の反応/市況まとめ

著作権等の知的財産権その他一切の権利はモーニングスター株式会社または外部の情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 ・「日経平均株価」に関する著作権並びに「日経」及び「日経平均株価」の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属します。 つまり、この銘柄の投資判断では日本株全体を対象に株主還元策が比較されている可能性があります。 クラリオン<7201>• ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 営業利益につきましては、販売費及び一般管理費についてはほぼ計画通りに推移したものの、売上高減少に伴う売上総利益の減少により前回予想に対して160百万円下回る見込みとなりました。

>

ファンドクリエーショングループ (3266)

日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 。 私ども株式会社ファンドクリエーションは、様々な領域のプロフェショナルを招聘することで、金融商品を既存の概念にとらわれることなく、投資家のニーズを汲み上げ、今までにない魅力的なファンドの開発・運用に積極的に取り組んでいます。 中長期的な成長を可能とする内部留保の充実を図りつつ、配当につきましては、経営成績及び財政状態の推移並びに今後の事業計画を十分に考慮しながら、安定した配当を継続実施していくことを基本方針としております。 今般、新型コロナウイルス感染症については、その影響が拡大・長期化しており、日本経済全体への不透明感が増しております。 注)上記の予想は、発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績等は今後の様々な要因によって上記の予想とは異なる結果となる可能性があります。 直近決算期:2019年11月期 連 【売上高】1,588百万円【当期純利益】82百万円【自己資本比率】60. しかしながら、その半分は現預金であり、投資信託の占める割合は5%にも満たないのが現状です。

>

<個別株動向>東京綱、ロゼッタ、ラクーンHD、エーアイ、ファンドクリ=27日前場//モーニングスター

いずれの場合においても、当社グループの投資基準に適する案件の発掘・ソーシングを行うとともに、並行して投資家の需要調査を適宜行っており、常に投資家ニーズの把握と適正価格での販売に努めております。 7%増の2億5900万円に伸びる計算になる。 また、当社グループの最大の特徴は、不動産と証券それぞれにおいてファンド事業と自己投資事業を行っている点にあります。 【相対比較】 一方、この銘柄の配当利回りは日本株全体銘柄の平均値と連動性が高い傾向にあります。 前日比24円高の2072円。

>