帰国 者 接触 者 電話 相談 センター。 「帰国者・接触者電話相談センター」を設置(第8報)|東京都

新型コロナウイルスに関する相談窓口について

電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)• 全国クラスターマップ 国内で報告された新型コロナウイルス感染症の感染者に係る報告を基にした追跡調査の結果、感染者間の関連が認められた集団(クラスター)を地図上に表示したものです。 お問い合わせの際は電話番号を再度お確かめのうえ、お掛けくださいますようお願い申し上げます。 感染拡大防止のため、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避け、日頃より咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染予防策を実施していただきますよう、お願いいたします。 役割は 新型コロナウイルスに感染したと考えられる者 要件あり の相談を行い、新型コロナウイルス感染者受け入れ態勢が整った外来()への案内し、新型コロナウイルスに罹患しているかどうかの検査確定するまでの誘導を目的とする。 com 2020年2月13日記事 2020年2月24日参照• 従来の帰国者・接触者相談センターと新型コロナウイルス感染症コールセンターは統合され、コロナの一般的な相談に対応する「市新型コロナウイルス感染症相談センター」として一元化。 諸外国においてこの感染症が流行していることを受けて、日本の水際対策として、全ての国・地域からの到着便・到着船について、全員質問票による聞き取り、ポスター掲示による自己申告の呼びかけ、健康カード配布による国内二次感染等のリスクの軽減等を行っています。

>

新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について 東京都福祉保健局

2020年5月8日時点のよりアーカイブ。 さらに、全ての国・地域から来航する航空機又は船舶に搭乗し又は乗船していた者であって、隔離や停留をされない者については、検疫所長が指定する場所において14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことを要請しています。 新型コロナウイルスは 飛沫感染と接触感染により感染します。 2 医療機関を受診する際のお願い ・複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控え下さい。 また、「年末年始は帰省などもあり人が集まる機会が増える。 新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル 電話:0570-056774 一部IP電話など上記番号へつながらない場合の受付 電話:045-285-0536 音声案内につながります。

>

新型コロナウイルスに関する相談窓口について

頭の0(ゼロ)を忘れないよう、ご注意ください。 COCOAの接触通知を受けた方 接触確認アプリ「COCOA」により、濃厚接触の可能性があった旨通知があった方からの相談に対応します。 治療薬、ワクチン、医療機器、検査キットの開発 新型コロナウイルス感染症については、現時点では、有効性が確認された特異的なワクチンは存在せず、治療方法としては対症療法が中心となっています。 受診ができずお困りの方が利用できるよう、 発熱、咳、咽頭痛のいずれかの症状があり、かかりつけ医での受診ができない方のみお電話いただきますようお願いいたします。 2020年02月07日 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部 新型コロナウイルス感染症に関する「帰国者・接触者電話相談センター」の設置について(第8報) 東京都では、特別区、八王子市、町田市と共同して、新型コロナウイルス感染症に感染した疑いのある方からの相談に対応するため、「帰国者・接触者電話相談センター」を設置しましたのでお知らせします。

>

新型コロナウイルス「受診・相談センター」(電話相談窓口)

受付時間 9時~21時(土日祝日も対応) *聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、FAX(03-3595-2756)をご利用いただくか、をご覧ください。 また、発熱、咳、咽頭痛の症状があるが、かかりつけ医での受診ができない場合は発熱等診療予約センターへご連絡ください。 2020年5月15日閲覧。 新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口や予防の情報(5月12日) 2019年12月以降、新型コロナウイルスは中国全土にまん延し、現在は世界各国で感染が確認されています。 なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療については、をご覧ください。

>

新型コロナウイルス「受診・相談センター」(電話相談窓口)

同相談センターでは、発熱や呼吸器症状があり、中国湖北省への渡航歴や患者との接触歴がある方からの電話相談を受け付けます。 〇発熱などの症状がある場合の受診方法について インフルエンザの流行に備え、埼玉県では発熱患者が迷うことなく受診し、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザ両方の検査等が受けられるように「埼玉県指定診療・検査医療機関」を指定しています。 個々で対策「徹底を」 市疾病対策課では「一般的な相談や質問の窓口は感染症相談センターに一本化し、わかりやすくした。 ・医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 現時点での感染の発生状況や、都道府県別の感染者数を反映したものではありません。 「帰国者・接触者センター」では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。 その他のご相談はこちら <受付時間>9時00分~17時00分(土日祝日を除く) 担 当 電 話 所管地域 秋田市保健所 018-883-1180(代表電話) 秋田市 秋田県 大館保健所 健康・予防課 0186-52-3955(代表電話) 大館市、鹿角市、小坂町 秋田県 北秋田保健所 健康・予防課 0186-62-1165(代表電話) 北秋田市、上小阿仁村 秋田県 能代保健所 健康・予防課 0185-52-4333(直通電話) 能代市、三種町 八峰町、藤里町 秋田県 秋田中央保健所 健康・予防課 018-855-5170(直通電話) 男鹿市、潟上市、五城目町 八郎潟町、井川町、大潟村 秋田県 由利本荘保健所 健康・予防課 0184-22-4120(代表電話) 由利本荘市、にかほ市 秋田県 大仙保健所 健康・予防課 0187-63-3403(代表電話) 大仙市、仙北市、美郷町 秋田県 横手保健所 健康・予防課 0182-32-4005(代表電話) 横手市 秋田県 湯沢保健所 健康・予防課 0183-73-6155(代表電話) 湯沢市、羽後町、東成瀬村 秋田県 健康福祉部 保健・疾病対策課 018-860-1427(直通電話) 全県域 関連情報• また、当面の間、14日以内に一部の国・地域における滞在歴がある外国人等については、出入国管理及び難民認定法に基づき、特段の事情がない限り、症状の有無にかかわらず、その入国を拒否しています。

>

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口や予防の情報(5月12日)|豊島区公式ホームページ

咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して、他の方に病気をうつす可能性がありますので、 「咳エチケット」をおこなってください。 ケアネット 2020年2月5日記事(2020年2月24日参照• 具体的にはの重複内容になっています。 公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」で検索できる。 極力昼間の時間帯での相談をお願いします。 ただし、厚労省が定めた相談要件に未たないものはに電話するよう案内している。 発熱などの症状がある場合には、事前に必ず予約の上、受診してください。

>