ベートーヴェン ヴァイオリン 協奏曲。 ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 Op.61 | おすすめ!名盤レビュー

ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61ヘンリック・シェリ...

結婚の歌「友らのために、婚姻の神を称えん」( Auf Freunde, singt dem Gott der Ehen)WoO 105()• ヨッフムとBPhも重厚かつ切れのある演奏で非常に良い。 「ヨーロッパ解放時」カンタータ ( Europens Befreyungsstunde) Unv 17 Hess 317 (未完,僅かなスケッチのみ現存)()• 二重唱「美しい唇、何という愛」(Bei Labbri, che amore)(? このCDの音を実際に耳にするまで、私は最近よくありがちな、若い女性奏者をアイドルに仕立て上げて作ったいい加減なCDであろうと高をくくっていました。 。 加えてカップリングは、で フォルトナーの ヴァイオリン協奏曲()である。 フルトヴェングラーの戦後初のスタジオ録音である。 二重唱「夫を救うなら」(Salvo tu vuoi lo sposo)Hess 228()• 1966年の演奏とは思えないほどのPHILIPSの名録音も好印象に大いに寄与していると思われる。

>

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ギラ・ブスタボ、ウィレム・メンゲルベルク&コンセルトヘボウ管弦楽団(1943、1940) : ベートーヴェン(1770

ベートーヴェン:ロマンス ヴァイオリンと管弦楽のための ヘ長調作品50 【演奏】 五嶋みどり ヴァイオリン ルツェルン祝祭弦楽合奏団 ダニエル・ドッズ リーダー 【録音】 2020年3月1日、KKL Kultur- und Kongresszentrum Luzern Lucern, Switzerland Recording Producer: Wolfram Nehls Recording Engineer: Max Molling. 「メルケンシュタイン」(Merkenstein)WoO. 曲調はベートーヴェンの穏やかな部分が溢れており幸福感に包まれるような音楽です。 あまりダイナミックになり過ぎることもなく、感情もほどよく入れているといった雰囲気です。 庄司さやかにとってベートーヴェンは基本的な演目であり、しなやかに自然に弾いていきます。 ムターの甘美な音色と、カラヤンの弱音での歌が魅力たっぷり。 但し甘すぎることはなく、硬質な部分を内部に残している感じを受ける。

>

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲:オンリーワンの重み

「ブラウフレ、リンケ」(Brauchle, Lincke)(4声)WoO 167(頃)• 逆に言うと、私が普段好んで聴いてきたベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は、チョン・キョンファの新旧両盤のように今も現役で活躍している演奏家のものばかりだということになります。 シェーナとアリア「ああ、不実なものよ」(Ah perfido! エレミヤの哀歌(未完)Unv 20 (1790-92年)• 14-1の編曲)()• ベートーヴェンの魂との対話、ここに実現。 演奏スタイルがいかに彼らの血肉となっているのかが如実に分かります。 漫画「のだめカンタービレ」の「のだめ」がもしピアニストではなく、ヴァイオリニストであれば、こういうヴァイオリンを弾いたのではないかと思います。 まあ、この仮定が無意味なのは確かで、なぜならこの曲から漂う強烈なベートーヴェン臭は「ベートーヴェンの作品かどうかわからない」なんて事態にはさせないことでしょう。 このヴァイオリン協奏曲と2曲のロマンスによって構成された最新録音は、2020年12月のベートーヴェン250年アニヴァーサリーを期しての新譜。

>

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ギラ・ブスタボ、ウィレム・メンゲルベルク&コンセルトヘボウ管弦楽団(1943、1940) : ベートーヴェン(1770

注意深く聴くとレガートがかかっているのがわかるが、殆ど気にならない。 名伴奏ピアニストとして知られるアイヴァー・ニュートンは、初めて彼女を聴いた際に、「彼女はまるで天使のようだ。 ただムーティとWPhが非常に優れた演奏なのを評価して秀演とする。 憩いの歌(Das Liedchen von der Ruhe)()• )(4声)WoO 179()• カデンツァは旧ソ連の作曲家、 アルフレート・シュニトケ 1934-1998 によるもので、ベートーヴェン以外の作曲家の作品の素材を引用していたり、その響きも技巧も現代的でベートーヴェンの作品に挿入するものとしてはかなり斬新です。 ニ長調• コンヴィチュニーの指揮であること、カデンツァがプシュホダ作のものであること、という2点で重要な録音である。 愛(Die Liebe)()• ブリュッヘンも「異業種交流」の中で、久々の快演を成し遂げた感がある。

>

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ギラ・ブスタボ、ウィレム・メンゲルベルク&コンセルトヘボウ管弦楽団(1943、1940) : ベートーヴェン(1770

ニ長調 Op. そして冒頭の出来が、その後の方向性を左右するのは言うまでもない。 のち2005年にOPUS蔵のSP復刻OPK 2047を入手。 この曲は皆さんご存知の通りダブルストップとか凝った奏法が少なく、まさに「ヴァイオリンの音と表現そのもの」が勝負の曲だけに五嶋みどりのこの気高さが身に沁みる。 ただ、録音は圧倒的に新盤である73年盤が良い。 72(第1稿(Hess 109)、第2稿(Hess 110)、第3稿)• もっとも、このディスクはやはりシベリウスがメインみたいで、シベリウスになるとサンクトペテルブルグ・フィルも水を得た魚のようになり、速めのテンポで好みが分かれそうですが、明らかに情熱的で充実した名演です。 私はこのシェリング氏のCDは、ベストクラシックシリーズ2000円、風景写真のジャケット、の中古500円、で購入しました。

>

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ギラ・ブスタボ、ウィレム・メンゲルベルク&コンセルトヘボウ管弦楽団(1943、1940) : ベートーヴェン(1770

特に1806~08年は「傑作の森」と呼ばれています。 ありがとうございます。 NPOの音色がこの楽章でもなかなか美しい。 84()• 61のピアノ協奏曲版)()• ベートーヴェンの魂との対話、ここに実現。 あまりに美しいがやや女性的過ぎるか。 メロドラマ「君たち高貴なハンガリー人よ」'Ihr edlen Ungarn'• ルツェルン祝祭弦楽合奏団と共演した本録音は、コロナ・パンデミックによって公演と世界ツアーがキャンセルを余儀なくされた直後2020年3月にスイスで行われました。 「恋人に寄す」(An die Geliebte)WoO 140()• アンネ・ゾフィー・ムター、クルト・マズア指揮ニューヨーク・フィル DG。

>

ベートーヴェンの楽曲一覧

第3楽章:中やや遅。 ・シュミットもハンスも余りにありふれた名前であるため、母方の姓を付けてハンス・シュミット=イッセルシュテットと名乗った。 クレッスナーのための葬送カンタータ Hess 314(不明) 無伴奏重唱 [ ] オペラのための習作として無伴奏で作られた。 私はアーノンクール/クレーメル盤を呆気にとられて聴いた後、しばらくこれを放置していました。 65(、ソプラノとオーケストラ)• ロンド ハ長調 Op. 「美しいものを善き人へ」 WoO 203()(第2作)• 「承知しました」(4小節 二重フーガの冒頭) WoO 201()• (トスカニーニ指揮NYPのとカップリング。 創作にあたってベートーヴェンは、ヴァイオリニストでオーケストラのであったを独奏者に想定し、彼の助言を容れて作曲している。

>

ヴァイオリン協奏曲、ロマンス(2曲) 五嶋みどり、ルツェルン祝祭弦楽合奏団 : ベートーヴェン(1770

ステレオ録音 イザベル・ファウスト、クラウディオ・アバド指揮オーケストラ・モーツァルト HMF。 これなら徹底的にやり尽くした感のあるバティアシュヴィリ盤の方が面白いです。 歌曲「おお、希望」の主旋律 (4小節 ルドルフ大公への変奏曲主題)WoO 200()• 落ち着いたところでようやく独奏ヴァイオリンが登場し、第1主題を奏でるが、ここでもティンパニのモチーフが現れる。 もっとも、泥臭いロンドン響を鼓舞するように、こちらの方がシェリングとしては弾きまくっている印象があります。 弦楽器が重厚な響きを出すとここから独奏ヴァイオリンの短いカデンツァとなり(このカデンツァはベートーヴェンの手によるもの)そのまま第3楽章に入る。

>